AX

利用できるアプリが違う

利用できるアプリが違う

 

利用できるアプリが違う
iPhoneに乗り換えをする場合にアンドロイドからの乗り換えの場合だと、
アプリの仕様そのものが異なっているので引継ぎして使用することはできないので注意が必要ですが、
主要のアプリであればアンドロイドにもiPhoneにも対応している場合がほとんどなので
再インストールをして設定をすることによって改めて使うことができるようになります。

 

 

利用できるアプリが違う
利用できるアプリが違う
以前はiPhoneに対応しているアプリの方が多く開発されてマーケットに出ていましたが、
アンドロイドアプリの方が相対的に審査は緩いこともあって今はそれぞれのスマホで使用することができるアプリの数は同等になってきています。

 

しかしながら審査のゆるさという点で比較した場合に質の高いアプリが多いのはiPhoneの方で
ゲームや趣味などに特化したアプリだけでなくビジネスで活用することができるアプリそのものも多いのが特徴です。
利用できるアプリが違う

 

iPhone,乗り換え,オトク

ちなみにiPhoneのアプリはすべてがiTunesで管理されているので、
特にアップル製のパソコンやタブレットとの親和性には優れており、
音楽や写真などを一元管理することができるのでアプリの可用性や利便性で見てもiPhoneに乗り換えをすることのメリットは大きいと言えます。

 

利用できるアプリが違う

一方でアンドロイドの端末についてはオリジナルティという点で優れたアプリが多いのですが、
ウイルスが媒介しているアプリもプレイストアで普通にインストールすることができてしまう怖さというのもあるので
アプリ活用においてはそれなりに知識がないとリスクは高くなってしまいます。

 

利用できるアプリが違う

 

関連ページ

安定性が違う!
iPhoneってAndroidと比べて安定しています。フリーズや強制再起動も少ないし、安心して使えます。
カメラは一緒。アプリが違う。
iPhoneってAndroidと比べてカメラの性能はほぼ一緒。アプリに違いがありました。
実は料金が安くなることもある
iPhoneは本体代金はAndroidより割高ですが、キャンペーンの併用などで安くなるパターンもあります
バッテリーは使い方次第
iPhoneってAndroidでバッテリーの違いはほとんどないです。アプリの違いや利用頻度の違いがかなり影響します。
iOSが分かりやすい!
iPhoneってAndroidと比べて分かりやすいのはポイントです。AppleStore等に行けば親切丁寧に教えてくれます。